未来の大人たちへ

2011年10月22日(土)
この日は、私の48回目の誕生日でした。
あれから・・・もう10日。
あの日のことを書き留めておきたいと思いながら、
さまざまな自分にとって大切なことが毎日あり、
なかなか書く時間とエネルギーをとれず、今日になってしまいました。
この日は、忘れられない一日になりました。
私が卒業した立野小学校の創立100周年をお祝いする記念式典で、
姉弟揃っての演奏をさせて頂きました。
私たちは、それぞれ音楽の道へ進んできましたが、
弟はロックで、私はクラシック。
二人が一緒に演奏をする機会というのは、殆どありません。
非常に光栄なお話を頂きながらも
実は、私はずっと、
「どんなプログラムにしたら良いのだろう・・・」
と、とても心配になっていました。
ところが、8月の半ばに打ち合わせの為に小学校を訪問し、
担当の先生方とお会いし、
実際に演奏する予定の体育館のステージに立ち、
何曲か即興で歌ってみたりしていくうちに
迷いと不安がどんどん晴れていきました。
立野小学校は、音楽教育が盛んで、
子供たちは常に音楽に触れている。
演奏のレベルも演奏を聴く姿勢もできている。
「夢を実現されたお二人の素晴らしい演奏を
 子供たちに聴かせたい。
 そして、子供たちに夢や希望を持つことの大切さを
 伝えて頂けませんか。」
それが、その時の
副校長先生のお言葉でした。
私は、自分の学校の子供たちを誇りに思っていることを感じ、
感動しました。
他の先生方もキラキラした笑顔で、
子供たちが音楽が大好きなこと、小学校や地域の歴史、
壁のない教室や色分けされ、それぞれに名前の付いた階段のことなど
立野小のあれこれを教えてくださいました。
礼儀正しくも純粋で明るい子供たちの姿が見えてくるようでした。
そうして、私たちは・・・まず!
プログラムの最後にサプライズで「気球に乗ってどこまでも」を
みんなと一緒に歌おう!!
ということを決めました。
私たちが子供のころ、誰もが大好きで何度も歌った曲で、
何と、今の子供たちも大好きでいつでも歌える曲なんだそうです。
あのころ、ちょっと洒落て感じたポップなリズムと
夢のある歌詞、歌いやすく伸びやかなメロディー。。。
私たちがイメージする立野小学校の子供たちにピッタリだったからです。
そして、次には、合唱部の子供たちにお手伝いいただいて、
私が「アメイジング・グレイス」を歌おう!!
ということになりました。
あとは、私、弟・・・それぞれのレパートリーの曲を一曲づつ、
それぞれのスタイルで歌おう!
そう決まりました。
私には、みんなに伝えたいことがありました。
副校長先生は、「夢を実現された・・・」とおっしゃったのですが、
私は「歌手になりたい」という夢を持ったことが残念ながら無かったのです。
小学生の時の夢は「山の分校の先生になること」でした。
今思うと、多分、私が立野小学校で教えて頂いた先生が皆、
尊敬できる、素敵な先生だったからだと思います。
私は、
「自分の良いところを知ること。
 人の良いところを見つけること。
 助け合い、協力しあって、クラスを盛り上げていくこと。
 楽しむためには努力が大切なこと。」
そんなことを教わってきたように思います。
自分の良いところと悪いところを知った時、
私は、自分が「学校の先生」という仕事には向いていないことを悟りました。
一方、
「歌うこと」は私の中で、幼いころから当たり前に存在し、
失うことのできないものでした。
ずっとずっと探究したくなって、
ずっとずっと続けてきた結果が、
生涯続けていきたい仕事になっています。
私に才能があったわけではありません。
ただ、できないことはできるようになりたいと思い
頑張ってきました。
足りないところは、埋めていけるよう頑張ってきました。
自分自身との戦いです。
そうして、私は今、こうして、皆さんと一緒に音楽を奏でる機会を頂くことができました。
私の体から発する声を皆さんがどう感じて下さったか・・・
それが私が伝えたかった夢です。
「夢」は、時に表面の形を変えて良いのだと思います。
「何になりたいか」ではなく、
そのことを通して「何をしたいか」
それが私の思うところの「夢」です。
私の「夢」の形は変わってしまったけれど、
小学生の時に感じていた「夢」を通して「したかったこと」は、
多分、ずっと変わっていないのだと思っています。
人は皆、無限の可能性を持っているのだと
信じて止みません。
あの日、イメージしていた以上の愛おしい皆さんとお会いでき、
私たち姉弟の歴史の結果としての歌を届け、
そして、体育館中の皆で歌った感動を
決して忘れません。
どうぞ、必ず、皆さん、それぞれの夢を叶えて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です