雪の日に

昨日、女性合唱団「コーロ・ヨコハマーレ」の一員として、
「ローズコンサート」に出演した。
今、とても忙しく練習にも殆ど参加できない中で、
私が出演して良いものか、迷い、
最初は不参加と届けていた。
指揮者は、私の小学校の時の担任の先生で、
私が「歌う」道へ進む最初のキッカケを作って下さった恩師。
80歳に手が届こうとしている先生が、
今も精力的に幾つもの合唱団の指揮をしている。
私は、先生が振る演奏会で歌うことが恩返しの1つであると
思っている。
そして、私は、この合唱団に居る時、
小中学校時代の自分に戻る。
その頃の仲間たちが、
「来るよね?出るよね?」と誘ってくれる。
本番だけは、予定を調整することが出来たので、
やはり参加させて欲しいとお願いした。
練習に出られないけれど、自主練するから。。。
でも、殆ど、自主練も出来なかった。
あまりに色んなことが
次から次へと起こりすぎて、
心身共に、疲れ果て、楽譜を開くことすら出来なかった。
親友は、そんな私に、
「いいから、兎に角、時間だけ空けて、気分転換においでよ!」
私の悩みを聞いてくれて、そう言ってくれた。
私は、悩みを打ち明けることは滅多に無い。
気が付くと、良く説明になっていない愚痴を漏らしていた。
前日、大きな仕事を終わらせ、疲れきって眠りについた。
朝、勉強してから出かけようと思ったけれど、
犬の散歩や朝食、夕食の準備等、、やはりあっという間に時間は過ぎ、
出来なかった。
ショッキングな内容のメールが届いていた。
気が動転した。
でも、本番に穴を空けるわけにはいかない。。。
道中で返信をして、
電車の中で、今日歌う曲の歌詞を改めて読んだ。
雪がはげしく ふりつづける
雪の白さを こらえながら
欺きやすい 雪の白さ
誰もが信じる 雪の白さ
信じられている雪は せつない
どこに 純白な心など あろう
どこに 汚れぬ雪など あろう
・ ・・・
込み上げるものがあった。
でも、責任を果たすため
必死に集中した。
何度も何度も頭のなかでイメージトレーニングをした。
仲間たちも皆、
家庭や仕事を持ち、
なかなか楽譜を開く時間など無い毎日、
同じようにして、
練習や本番に向かう電車の中で楽譜と向き合っている。
駅で待ち合わせた仲良しの後輩が
「大丈夫ですか? きっと何かあったんだろうなって思ってた。。。」
と気遣ってくれた。
「駄目だ。泣きそう。。」
と言った。
そして、結局、リハーサルで歌っている時に、
涙が溢れて、止まらなくなった。
歌詞が、自分の上に
あとから あとから 重なっていった。。。
重みで耐えられなくなった。
苦しかった。。。
先生、私、小学校の時から、なんにも変わってないよ。。。
だけど、私は、もうプロなんだから、
本番では、泣かない。
泣くのは、私じゃない。。。
演奏に集中しなきゃ!!
本番、
自分の心に刻みこむように
歌った。
一人じゃない。。
隣で歌った先輩が、
「ありがとうございました。」
と私に向かって言ってくれた。
私は、何処かで、私がソリストだから
合唱の中でも自己主張をする歌を歌っていると思われているのではないかと
ずっと疑心暗鬼になっていた。
私は、この合唱団の中では、本当にみんなと一体となって歌っているのに。。
と。。。
初めて隣でワンステージご一緒して、
先輩もソリストなので、
言葉を交わさずとも思いが通じ合った気がした。。
小学生の合唱を聴いた。
純真無垢な子供たちの演奏に
自分の生徒たちの顔が浮かんだ。
一人一人の顔、歴史、、、
私もただの人間なのよ。。。
ごめんなさい。
もう、どうすれば良いのか、わからない。
けど、兎に角、向き合わなきゃ。。。
私は何も変わっていない。
変わっていないんだってことを
分かってもらわなきゃ。
そして、コンサートを終え、
家路に急いだ。
大切な真っ白な心と向き合うために。
大きな決断をしなければならない。
どうすれば良いのか、
まだ、整理が出来ていない。
でも、この日の気持ちを忘れたくない。
ここに綴る。

雪の日に」への1件のフィードバック

  1. SECRET: 1
    PASS: c0c554dbe60cd1a87e3dbce50220db1a
    Facebookでもたくさんの人が理枝ちゃんを応援してくれていますね。高田三郎氏の曲、心の四季は私の大好きな曲です。私も高校時代、1年半でしたが合唱部でした。(今は全くやっていませんが)その曲も歌ったことがあり、曲、歌詞、すべてが心を打たれます。ショッキングな事があっても、必死にこらえて使命を果たした理枝ちゃんは偉いです。元気出してください。いつも、陰ながら応援しています。返信の心配は無用です。目を通していただければ、有り難いです。恵里。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です