アーカイブ

運命の一言

ある時、かけてもらった言葉が、その後の運命を大きく左右することがある。

 

先日、声楽科に通う生徒から嬉しい報告があった。

「歌の試験、どうだった?」 との問いかけに

「それがですね、、先生!」 と始まり・・・

自分のレッスンの専任の先生では無い先生から、

「あなた、良かったわよ」 とお声掛けを頂いたとちょっぴり照れながらも弾んだ声で伝えてくれた。

普段とても厳しく、褒めて下さることは殆ど無い専任の先生からも

「言葉の内容を理解して、声に乗せて届けていて良かった。」 とお褒めの言葉を頂戴でき、

一度は取りやめになっていた少し難しい曲を 次の課題曲としてレッスンがはじまりましたと。。。

更には、 「最近、私の声が好きだと言ってくれる友達がいるんです。」 と、晴れやかな笑顔で語ってくれた。

 

声楽科に進学し、学校での個人レッスンが始まった為、

暫く私のレッスンは、休んでいた彼女と 数カ月前に久しぶりに再会した時、

「学校はどう?」 と何気なく問いかけたら 目にいっぱい涙を溜めて、、 苦しい胸のうちをポツリポツリと語ってくれた。

「大丈夫。大丈夫だから。。」 と私の考えを伝えた。

 

 

間もなくして、彼女は私とのレッスンを再開し、 実に熱心に努力を重ねて来た。

まだ数ヶ月の事ではあるけれど、 目覚ましい成長を私は確信していたし、

彼女自身も表現したいことが一つ一つ出来るようになった事を実感し、

何より、歌うこと、歌の練習をすることが楽しくなっていることが 良く伝わってきていた。

 

そういう中での一言は、大きく彼女の心に響いたのだと感じた。

 

私にも経験がある。

やはり学校の先生のレッスンとは別に 発声を中心としたレッスンを受講する必要性を感じ、

学外で受講するようになってから数カ月後、 手応えを感じながら受けた学内特別演奏会のオーディション。

残念ながら出演者には漏れてしまったが、 指揮者の先生が、最後まで私を押してくれたと専任の先生から伺った。

ある日の帰り道、その指揮者の先生が、

「ああ、あなた、この前とても良かったよ! 僕は、凄く出て欲しかったんだけどね〜。

まぁ、歌は、ずっと続けていなさいよ!」 と、お声掛け下さった。

実は、、、その言葉を鵜呑みにして、 私は、どんな苦しい時も歌うことを手放したくないと思うようになり、 現在に至る。

発したご本人にしてみれば、 その時に感じた率直な思いを言葉にして下さっただけの事で、

後々まで覚えていて下さったかというとそうでは無いと思う。

けれど、言葉にして伝えてくださったことに心から感謝している。

あの時、大きなステージに立つことは叶わなかったが、

たった一人の人でも、私の演奏で心を動かす事が出来たのなら 、そのことにずっと価値があるように思えた。

そして、いつもそんなことを念頭に歌い続け、 指導をしている。

 

今回の彼女の報告は、 私にとっても喜びと自信をもたらしてくれるものだった。

 

そして、その一方で、 ある医師に、診断結果から、思いやりのない意見を投げられたことも 報告してくれた。

少し前の彼女であれば、どれ程、落ち込んでしまったかしれない。

けれど、しっかりした眼差しで、 「絶対に見返してやろう!って思ってるんです!!」 と言い放って、笑顔で帰っていった。

 

 

彼女は、これからの自分の生き方に ある覚悟を持ったように感じられた。

 

どんな一言が、その人の運命を左右することになるかは分からない。

ただ、心に強く感じたことは、言葉にして伝える勇気を持ちたい。

HP/Blog引越ししました

皆さま、HPとブログをワードプレスをベースにしたサイトに引越ししました。

URLは、これまでとおりhttp://pearl-house.comにアクセス頂けますと、メニュー毎に別れております。

ブログも個人の日常を記載したものと、生徒さんの活躍を告知するものとに分かれております。

講師陣には、助手として「蘭丸とレオ」の写真を入れてあります。よろしければご確認ください。

ではでは。

宙ぶらりんの思い

ツユクサ
<Let me Sing ! >
このコンサートシリーズの再開まで、あと数日。
ライブに出かけるような感覚で、
気楽に楽しんで頂けるようなコンサートにしたいと思っている。
そして、クラシックの曲だけでなく、
素敵だなと思った曲に挑戦して行きたいと思っている。
今回は、オープニングから4曲は
女性ポップスシンガーの曲をカヴァー。
大貫妙子さんの「美しき人よ」からはじまり、
ユーミンの「花紀行」
一青窈さんの「ハナミズキ」
そして、椎名林檎さんの「カーネーション」
この4曲の構成には、私の中でフィクションのドラマが隠れている。
核をなしているのは「カーネーション」
この曲を聴いたとき、
卵の殻のようなものの中で膝を抱えて震えている女の子を感じた。
今、気づいたけれど、それは、卵の殻ではなく
自分の流した涙の滴。。。
音楽に関わる仕事をしていると
デリケートな心を持った人と沢山出会う。
ピュアすぎる心が、
いつも何かを消化出来ずに
震える体の中で出口を探している。
芸術は、夢や希望から生まれるよりも
そんな宙ぶらりんの思いから生まれる事の方が
断然多い気がしてならない。
そんな宙ぶらりんの思いを抱えた
デリケートな心を持つ人たちへ捧げたい。。。
それぞれの曲からイメージを膨らませて
出来上がったドラマは、こんな事。
涙の滴の中で膝を抱えている女の子は、
とても優しい父と母から
この世に生を受けた。
父は風薫る町で、美しい人と出会い
恋に落ちた。。。
二人は結ばれ、
穏やかな幸せに満ちた暮らしが始まった。
やがて、可愛らしい女の子が生まれた。
けれど、父はある事故で天に召されてしまう。。
母は、受け止める事が出来ず、
見知らぬ町をさまよう。。。
風は空から花びらを散らす。。。
拾い集める人もいないのに。。
母を支えたのは、無邪気な女の子の姿。
空を押し上げるように
小さな手を空へのばす。。。
父は天からずっと見守る
自分の存在など
知らなくてもいい。。
君と大切な人が百年つづくようにと願っているよと。。。
愛情に包まれた小さな命。。。
けれども、
真っ白な心を持つ彼女は、
宙ぶらりんの思いを抱えて
自分の涙の滴の中で
小さく震えている。。。

マリアの虚像

私が人と接する姿を見ていて
ある方が、「マリア様のようですね。」
と。。。
えっ!?
凄く驚いた。
何故なら、私の心は酷く荒んでいて
流石の私も
もう限界かも。。。
と思いながら
そんな思いから逃れようと
必死で仕事に集中していた時だったから。。。
確かに仕事をしている時は楽しい。
正に無心になれる瞬間がある。
彼は、私の中に虚像を見たに違いない。
しかし、私にマリア像を求める人が多い。。
何故?
私は唯のちっぽけな心の人間でしかないのに。
私の中のマリアの虚像が、
人を甘えさせ、ダメ人間を作っているのでは無いだろうか?
と思い悩む。
それでも、今、、
私は、試練を与えられている。
「あなたはマリアになるべきである」と。。。

親友と桜ヶ丘

雨の日曜日。。
春の訪れを喜ぶように咲き始めた桜も
今日はどこか淋しそう。。。
桜の木の下には、幾千もの魂が眠っていると言う。
私には、その哀しい思いが、
ほんのひと時の間、
「どうぞ私の思いを忘れないで」と
壮麗な花を咲かせるように思えてならない。
私が卒業した高校は、
「桜ヶ丘高校」と言って、
その名の通り、見事な桜の老木が立ち並ぶ丘にある。
入学式の日、満開の桜の木の下で、
親友と共に真新しい制服で記念撮影をした。
私は、どうしても彼女と一緒にこの高校に進学したかった事、
思い出す。。
中学3年になって間もなく、
我が家は引っ越しをした。
私は、暗黒の中学生活を抜け出すべく、
引っ越しに便乗して、転校した。
転校先の中学で出会った担任の先生は、
花のように笑う、お母さんのような先生だった。
クラス全体が明るく、
クラスメートは、互いに
仲良しって言うのとはちょっと違う
子供の頃の純粋さを持ちながら
大人な思いやりを持って存在しているような
なんとも心地よい空間だった。
あの一年間が無かったら、
私はどうなっていただろう。。。
転校先の中学でも、
何となく、テニス部に入った。
そこで、学年中の人気者で、部長の千秋と出会った。
物凄く真剣にテニスをやっている部で、
私は、そこからテニスにハマった。
高校受験にあたって、志望校を決める時、
テニス部の顧問の先生の出身校でもあり、
千秋も志望していた桜ヶ丘高校へ絶対に行きたくなった。
担任の先生は、ご自身の出身校であり、
音楽も盛んなワンランク上の高校を何度も何度も
勧めて下さったが、
私は頑なに断り続けた。
春には桜の花が咲き誇るような
丘の上に建つ桜ヶ丘高校が
夢と希望に満ちた
穏やかで大らかな学校の様に思えてならなかったからだ。
この中学の延長線上にある気がしてならなかった。
そういう所に行きたかった。
そして、思う存分、テニスに打ち込みたかった。
千秋と共に、テニスで高みを目指したかった。
私には、この中途半端なままじゃ終われないって思いがあった。
転校してきて、初めて、テニスの楽しさと出会い、
真剣にやり始めたけれど、
基礎の無い私は、思うようにならず、
「もっと早く出会いたかった。。」
というもどかしい思いを抱えながら、受験の為に引退した。
何か、物事を本格的にやりたいと思った、
初めての事だったのかもしれない。
温かな学校に来て、
私は、漸く、自分のやりたいことを思い切りやって、
輝く事の素晴らしさ、
その輝きを素直に認める仲間たち、、、
千秋の存在が、それを教えてくれた。
彼女は、在るがままに生きる人だった。。
私はどうも
才能や資質の無いものに
一生懸命になる質らしい。
テニス漬けの桜ヶ丘高校時代を過ごしたけれど、
テニスは、全く物にはならなかった(笑)
でも、全く後悔はしていない。
あの頃に培った基礎体力は、
歌い手としての私を大きく支えている。
そして、今も歌うことが辞められないのは、
「もっと早く出会いたかった。。」
「このままじゃ終われない。。」
って、思いからかもしれない。
もしかしたら、才能や資質の無いものに
一生懸命になっているだけかもしれない。
でも、私は歌うことが何より楽しい。。
歌っていたい。。
それだけで良いような気がする。
雨の日曜日、
桜の花と共に、親友を想う。。。

NHK東京児童合唱団

レッスン受講生の古谷佳月(ふるたに かつき)ちゃんが、NHK東京児童合唱団のオーディションに合格しました!
4月から同合唱団員として、研鑽を積みながら、活動していく予定です。
様々なコンサートやテレビ等の出演機会を楽しみに
皆さん、応援してあげて下さい!!
NHK東京児童合唱団の公式HP↓
http://www.nji-tokyo.jp/

雪の日に

昨日、女性合唱団「コーロ・ヨコハマーレ」の一員として、
「ローズコンサート」に出演した。
今、とても忙しく練習にも殆ど参加できない中で、
私が出演して良いものか、迷い、
最初は不参加と届けていた。
指揮者は、私の小学校の時の担任の先生で、
私が「歌う」道へ進む最初のキッカケを作って下さった恩師。
80歳に手が届こうとしている先生が、
今も精力的に幾つもの合唱団の指揮をしている。
私は、先生が振る演奏会で歌うことが恩返しの1つであると
思っている。
そして、私は、この合唱団に居る時、
小中学校時代の自分に戻る。
その頃の仲間たちが、
「来るよね?出るよね?」と誘ってくれる。
本番だけは、予定を調整することが出来たので、
やはり参加させて欲しいとお願いした。
練習に出られないけれど、自主練するから。。。
でも、殆ど、自主練も出来なかった。
あまりに色んなことが
次から次へと起こりすぎて、
心身共に、疲れ果て、楽譜を開くことすら出来なかった。
親友は、そんな私に、
「いいから、兎に角、時間だけ空けて、気分転換においでよ!」
私の悩みを聞いてくれて、そう言ってくれた。
私は、悩みを打ち明けることは滅多に無い。
気が付くと、良く説明になっていない愚痴を漏らしていた。
前日、大きな仕事を終わらせ、疲れきって眠りについた。
朝、勉強してから出かけようと思ったけれど、
犬の散歩や朝食、夕食の準備等、、やはりあっという間に時間は過ぎ、
出来なかった。
ショッキングな内容のメールが届いていた。
気が動転した。
でも、本番に穴を空けるわけにはいかない。。。
道中で返信をして、
電車の中で、今日歌う曲の歌詞を改めて読んだ。
雪がはげしく ふりつづける
雪の白さを こらえながら
欺きやすい 雪の白さ
誰もが信じる 雪の白さ
信じられている雪は せつない
どこに 純白な心など あろう
どこに 汚れぬ雪など あろう
・ ・・・
込み上げるものがあった。
でも、責任を果たすため
必死に集中した。
何度も何度も頭のなかでイメージトレーニングをした。
仲間たちも皆、
家庭や仕事を持ち、
なかなか楽譜を開く時間など無い毎日、
同じようにして、
練習や本番に向かう電車の中で楽譜と向き合っている。
駅で待ち合わせた仲良しの後輩が
「大丈夫ですか? きっと何かあったんだろうなって思ってた。。。」
と気遣ってくれた。
「駄目だ。泣きそう。。」
と言った。
そして、結局、リハーサルで歌っている時に、
涙が溢れて、止まらなくなった。
歌詞が、自分の上に
あとから あとから 重なっていった。。。
重みで耐えられなくなった。
苦しかった。。。
先生、私、小学校の時から、なんにも変わってないよ。。。
だけど、私は、もうプロなんだから、
本番では、泣かない。
泣くのは、私じゃない。。。
演奏に集中しなきゃ!!
本番、
自分の心に刻みこむように
歌った。
一人じゃない。。
隣で歌った先輩が、
「ありがとうございました。」
と私に向かって言ってくれた。
私は、何処かで、私がソリストだから
合唱の中でも自己主張をする歌を歌っていると思われているのではないかと
ずっと疑心暗鬼になっていた。
私は、この合唱団の中では、本当にみんなと一体となって歌っているのに。。
と。。。
初めて隣でワンステージご一緒して、
先輩もソリストなので、
言葉を交わさずとも思いが通じ合った気がした。。
小学生の合唱を聴いた。
純真無垢な子供たちの演奏に
自分の生徒たちの顔が浮かんだ。
一人一人の顔、歴史、、、
私もただの人間なのよ。。。
ごめんなさい。
もう、どうすれば良いのか、わからない。
けど、兎に角、向き合わなきゃ。。。
私は何も変わっていない。
変わっていないんだってことを
分かってもらわなきゃ。
そして、コンサートを終え、
家路に急いだ。
大切な真っ白な心と向き合うために。
大きな決断をしなければならない。
どうすれば良いのか、
まだ、整理が出来ていない。
でも、この日の気持ちを忘れたくない。
ここに綴る。