VOICE

声は、人それぞれ独自のキャラクターを持っています。

「こんな声で歌いたい!」という憧れは、誰にもあるかもしれませんが、

自分に合わない声で歌い続けると、デリケートな声帯に多大な負担をかけることになります。

また、声を出して歌うときだけではなく、

お芝居のセリフを話すときであっても、

また、大勢の前でプレゼンテーションや自己表現をして相手に思い・考えを届ける場合も、

きちんと声を出すことはとっても大切なことです。

—–

歌っていて、話をして苦しい。喉が痛くなる。長時間歌えない。

といった自覚症状がある場合だけでなく、

声が引っ込んでいたり、音程が常にぶら下がっていたりと、

自分では気づかず、聴いている人から指摘を受けることがあるなど、抱えている悩みも人それぞれだと思います。

私自身もかつて、

低音域と高音域のチェンジがうまくいかない、

声に艶がない、息が続かないなど、

様々な悩みを抱え、

歌いたい曲が上手く歌えずに苦しんできました。

—–

しかしそれらの悩みは、発声法を勉強していくうちに

実は、表面的な現象である場合が殆どだと言うことに気がつきました。

自分の体、更には体の内側に目を向け、鍛えていくことで、

自分の本当の声を知ることができ、

結果的に殆どの悩みは、自然に解消されていきました。

—–

「歌うこと・声を出すこと」と「楽器を演奏すること」には大きな違いがあります。

「歌うこと・声を出すこと」は、「楽器を作る」という過程から、自分自身でやらなければならないからです。

自分の体が楽器であり、

その楽器を作る過程を省いて演奏しようとしても、

上手くいかないのは当然です。

「歌うことは」は、スポーツをすることに近いのです。

誰でも気軽に楽しむことは出来ます。

しかし、プロフェッショナルかアマチュアを問わず、

本質的に楽しみたいと思えば、基礎的なトレーニングを行って体を作り、

その上で、更に技術の習得や向上が必要になってきます。

—–

トレーニングの方法を教えたり、現状を冷静に見ながら、

その人が潜在的に持っているものに、適した楽器の製造をお手伝いをすることが、

私 ヴォイス・トレーナーの役割だと思っています。

私のヴォイス・トレーニングでは、

体全体を使って、発声をしていく方法を教えています。

自分の体と向き合い、外からは見えない部分に意識を向け、

体全体を使い、日々の鍛錬により強化していくことで、

抱えていた表面的な問題は自然に解決していきます。

—–

私自身は、クラシックの声楽というジャンルを通して

発声法を学んできましたが、

基礎的な部分はどのようなジャンルにも通じるものであると思っています。

自分の本当の声を知り、

「歌う喜び」を全身で感じ、

魅力的な歌を歌って、

聴く人に何かを届けましょう!

そのためには、

日々のヴォイス・トレーニングがとっても大切です。

一緒に頑張りましょう!!!

 


松岡理枝にご連絡を頂くには「CONTACT」をクリックしてください。