RECITAL 2018

2018日7月19日 松岡理枝 第7回リサイタルより(ルーテル市ヶ谷ホール)

 

(1) 手を取り合って

(1)と(2)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(古典派 1756年〜1791年 35歳没)のオペラ「ドン・ジョヴァンニ」(Don Giovanni)からとなります。

 

女たらしのジョヴァンニは、町で結婚祝いをしている集まりを見つけ、その中にいる花嫁の村娘ツェルリーナを連れ出そうとし、上手くことが運びそうになります。

この場面が、デュエット「手を取り合って」となります。

 

(2) 窓辺においでよ

次に、ジョヴァンニは、元妻 エルヴィラの女中に狙いをつけます。

女中に近づくために、従者レポレッロと衣服を取り替えて、エルヴィラを上手くレポレッロに連れ出させます。レポレッロの衣服を着たジョヴァンニは、部屋の窓の下で、女中に向けてセレナーデを歌います。

この場面が、「窓辺においでよ」です。

 

(3) 一人寂しく眠ろう

ジュゼッペ・ヴェルディ(ロマン派 1813年〜1901年 87歳没)のオペラ「ドン・カルロ」の一曲となります。

スペイン国王フィリッポ2世は、王妃エリザベッタに一度も愛されたことがなく、息子である王子カルロにも裏切られたという思いにさいなまれ、また宗教権力の強い圧力の中で政治を行なっている自らの立場も含め、生きることの苦悩を吐露します。

この場面が、「ひとり寂しく眠ろう」です。

 

(4) 輝く未来

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品第50作目となる「塔の上のラプンツェル」(原題: Tangled )から、「輝く未来」(I See the Light)となります。