MENTOR

私 松岡理枝が歌手でありながら、なぜヴォイストレーナーを行っているのかをお話します。

私は自分が歌手であると共に、歌手を含めて声を使ってメッセージを届けたい人にとって、
「良きメンター」でありたいと思っています。

メンターというのは、人生や仕事において、長期的な視点から関わりを持つ、助言者・指導者という意味であり、ギリシャ神話を語源に持ちます。
そして、学校の先生や上司のようにあなたの意思に関わらず決められてしまうのではなく、あなたの意思で選ぶものです。
また、メンターはできるだけ指示・命令をするのではなく、対話の中から示唆をして、あなた自身の気づきや自発性・自律性を身につけることを第一にします。
(昨今、日本の会社では、新入社員を育成する先輩が指導する制度として、メンター制度という言葉が使われるようになっているようですが、もう少し広く深い意味を持つようです。)

 

今、
より良い声を通じて聞き手にメッセージを届けたい方、それに関わる悩みをお持ちの方、
具体的には、
声楽・合唱・ミュージカル・ロック・ポップス・アニソンなどの歌手であっても、
舞台などで演技をしながらセリフを発する俳優や、ストーリーテリングまたはナレーションのお仕事であっても、
もしくは、
大勢の前でテーマを投げかけ、プレゼンテーションを行う一般の会社にお勤めの方であっても、
内部から身体を使い、自然な響きのある声を身につけることが必要です。

「聞き手の心を動かす」ため、にはです。

 

では、
「聞き手の心を動かす」ことは、なぜ必要なのでしょうか?

それは、「伝え手」が発した声は、
歌やセリフとして発せられ、作品の背景や内容全体を届けにいきます。
更に、作品の根底にある主題や意図にも興味や理解を広げてもらうためには、内部から身体を使い、自然な響きのある声が、とても大切で、必要不可欠なものであると思っています。
そのような声が、聞き手の純粋な気持ちやこころを呼び覚まして、「聞き手の心を動かす」ものと考えるからです。

作品の主題・意図は、
芸術の場合、日常にある愛憎をはじめ喜怒哀楽であったり、
人間愛・博愛や平和であったり、生命の神秘や自然の存在かも知れません。
また、ビジネスの場合は、目前の方針の徹底や使命や存在理由の共有かも知れません。

いずれにしても、
「伝え手」の内部から身体を使い、自然な響きのある声が、
「聞き手の心を動かす」ことにより、届けたいメッセージを伝えていくことができると思っています。
そうでなければ、伝わらない・楽しめない・苦痛であるということになりかねません。

 

以上のような考えを持って、
私 松岡理枝は、
声を使ってメッセージを届けたい人、
つまりは、
「聞き手の心を動かす」ことが必要な人にとって、「良きメンター」でありたいと思って、取り組んでいます。

次に、どのようなレッスンなのか、レッスンの方向性については、「VOICE」をお読みいただけますでしょうか。

 

⇒ 松岡理枝にご連絡を頂くには「CONTACT」をクリックしてください。